カジノをテーマにした人気ポップミュージックソング4曲

趣味の一つとしてギャンブルをする人でも、定期的にオンラインカジノにログインする人でも、ポーカーテーブルでの賭けで士気を高めたいときには、カジノをテーマにした音楽を聴くのが理想的かも。そこで今回は、カジノに関連するポップミュージックソングの中から、ギャンブルプレイ中に聴く価値があると思われるものをいくつか選んでみた。では早速、チェックしていこう!

ケイティ・ペリー(Katy Perry)のウェイキング・アップ・イン・ベガス(Waking Up in Vegas)

まずは、エキゾチックで華やかな作品をたくさんリリースしているケイティ・ペリーから。レディー・ガガや他のポップ界の歌姫と同様、ケイティ・ペリーも常に突飛で大げさなことをやってのける。中でも、カジノをテーマにした『Waking Up in Vegas』は、その名の通り、ラスベガスのシーンを彷彿させる作品に仕上がっている。カジノならではのラグジュアリーさを描写しつつ、決まり文句として、「What goes in Vegas stays in Vegas(ベガスで起こったことは、ベガスに残る)」を引用している。これはまさに、娯楽に満ちた眠らない街・ラスベガスらしい言葉である。

マムフォード・アンド・サンズ(Mumford and Sons)のスネイク・アイズ(Snake Eyes)

イギリスのフォーク・ロックは万人受けするものではないかもしれないが、この曲はギャンブルやカジノへの暗示を巧みに盛り込んでいる。ある一人の男の不運を歌っているのだが、クラップスで最悪の出目がダブルワンであることから、”スネイク・アイズ”つながりとなったのだ。ギャンブルの真っ最中に不運の曲を聴きたくないと思う人は多いだろうが、クラップスをプレイする前に聴くには良いチョイスとなるかも?!

エルビス・プレスリー(Elvis Presley)のア・リトル・レス・カンヴァセーション(A Little Less Conversation)とラスベガス万才 (Viva Las Vegas)

エルヴィスは間違いなく、ラスベガスをイメージさせる音楽界のキングであり、ラスベガスのショーに頻繁に出演していることを考えると、彼がラスベガスライフの象徴であることも納得がいくだろう。地元の伝説的スターとして記憶され、永遠にこの街と結びついているのだ。中でも、『A Little Less Conversation』は、有名なカジノ映画『オーシャンズ11』にリミックスされている人気ソングの一曲だ。名作『オーシャンズ11』は、現在でも非常によく観賞されるカジノ映画であり、だからこそ、同曲もカジノソングとして有名になったのかもしれない。

また、『Viva Las Vegas』は、まさにカジノソングの真骨頂だ。ギャンブル、そして「シン・シティ」という異名を持つラスベガスについて歌ったこの曲は、カジノに来た客をラスベガス気分にさせるために、ほとんどのカジノが間違いなく流す曲となっている。エキゾチックなダンサーや1960年代のあらゆる要素が組み込まれたミュージックビデオであるため、今日でも多くのギャンブラーやカジノ施設にとって、クラシックかつ定番の曲である。

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)のカジノ・ブギ(Casino Boogie)

ザ・ローリング・ストーンズは、誰も飽きさせることのない、不朽のバンドだ。ザ・ローリング・ストーンズのあの有名なイメージシャツをクローゼットの奥深くに潜ませている人は多いのでは?アメリカのダイナーでもカジノでも、同バンドはヴィンテージ・クラシックの代表格となっている。特にシングル『Casino Boogie』は、当時バンドが明かしたように造語が多いものの、フランスの田舎にあるカジノの向かいで歌詞を作ったことから、特にカジノと結びつきが強くなっているとか。曲制作の背景を聞くと、なおさら歌詞に納得できるだろう。